2006年12月15日

近未来通信・詐欺事件

 IP電話会社「近未来通信」が高配当を文句に投資家から資金を募っていたが、全店舗が一斉に閉鎖した。業務内容は、ほとんど実態がなく、投資家から資金を集めるのが目的の詐欺であるとされ、警視庁の摘発を受けた。
 何年か前にも、「携帯電話が生涯無料で使える装置を発明」という宣伝文句で投資家を募り、株価を吊り上げたところで、発行元の会社が売り抜けるという投資詐欺事件があった。もちろんそんな装置などデタラメである。

この近未来通信事件について、タロットを展開してみようと思う。スリーカードスプレッドで出た結果は以下の通り――

過去:サン(太陽)の正位置
現在:ラヴァーズ(恋人)の逆位置
未来:エンペラー(皇帝)の正位置

 過去に出たサンは、開放と活力を意味する。賃金低迷、格差社会、年金をきちんと受けてない……そんな閉塞感のもと、近未来通信の高配当を見出した人達は、ここを資産運用先とし、これで老後は安心と胸を撫で下ろした。
 現在に出たラヴァーズは決断を意味し、それが逆位置となって表れた。最初は宣伝文句通り、毎月高配当が振り込まれていたが、それが今回の一斉店舗閉鎖。投資家達は何が起こったかわからず、右往左往するが、やがてダマされたと知り、自分達の決断が誤ったことに気づく。
 未来に出たのはエンペラー。これは、やがて強力な指導者が現れることを示している。その強権な人物が、投資家達を救うかどうかは、まだわからない。

――ライブドアも代表取締役が代わって会社自体は残ったが、それが投資家を救うことに繋がるわけではない。投資家は今でも「金返せ」と叫び続けている。
 投資が悪いわけではない。投資を悪用することが悪いのであるひらめき


posted by ミジンコ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マグロ消費と環境(中−2)
Excerpt:     (副題:新聞記事を超えたブロガーたち)  (つづき)  そこで、先ず各新聞記事を羅列する。マグロについての記事が急増したのは、日本人の消費量が非常に多く、話題性が大きいということである。しかし..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-12-15 22:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。