2006年11月16日

逆位置

 タロットカードには、逆位置という概念があります。これは占いで出されたカードが通常の正位置とは逆に向いている状態を表しています。
 カードの逆位置が出た場合、カードの解釈が変わってきます。そのカードの意味が弱められたり、まったく逆の意味になったりするのが特徴です。

 たとえば、ラヴァーズ(恋人)の逆位置でしたら、「恋に破れる」「浮気する。または、される」
 スター(星)の逆位置なら、「希望を持てずに絶望」「願いは叶わない」
――といった解釈がなされます。
 これだけですと、逆が出たら悪い兆しのように思ってしまいますが、デビル(悪魔)の逆位置を見ると、「誘惑に負けない」「反社会的行為に染まらない」といった解釈がなされます。つまり、もともと悪い意味のカードが逆になればプラスの解釈もできるということです。正位置だから良い、逆位置だから悪い、といったことには必ずしも当てはまらないということを理解しましょうひらめき


posted by ミジンコ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。