2006年12月14日

久間長官・戦争不支持発言

 安倍政権下の久間防衛庁長官が、「イラク戦争は、政府としてアメリカを支持したわけではない」と言明し、日本政府のイラク戦争支持を否定した。
 戦争が終わり、小泉首相が退任したあとで、こんな見解を示したことに、なんて卑怯で恥知らずな男なのかとミジンコは思った。

 この事象についてタロットを展開しようと思う。スリーカードスプレッドで出たのは、次の通り――

過去:ハイエロファント(教皇)の正位置
現在:チャリオット(戦車)の正位置

未来:エンペラー(皇帝)の逆位置

 過去に出たハイエロファントは、人に教えを説く者。当時の小泉首相は、アメリカとともにイラク戦争を支持する側にまわり、自衛隊派遣の必要性を説いた。様々な浮き沈みがあった時期とはいえ、小泉首相の人気は高く、他の議員も賛成するしかなかった、というところだろうか。
 現在に出たチャリオットは、戦争に勝ったことを示すのではなく、久間長官の強気な態度と取れる。小泉首相もいなくなり、皆が思っていたことだから誰も責めるものなんていないと踏んだところに例の発言。軽い気持ちから手綱を緩めて戦車が勝手に蛇行していく様が想像できる。
 未来に出たエンペラーは逆位置。これは政権の脆弱性を示す。久間長官ひとり御しえないようなら、首相はただのハリボテとして進んでいくしかないだろう。

――現在は、その発言を撤回しているが、その弁明も言い訳じみている。こういった事象はこれからも出てくるだろう。これも小泉首相が残した負の産物である。そういう意味では、尻拭いの形を取らされている安倍首相に少なからず同情するひらめき


posted by ミジンコ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。